mainimage04
mainimage01
mainimage03
24時間365日体制の
訪問診療
慢性疾患 呼吸器疾患
癌緩和ケア 非がん疾患の緩和ケア
当院の特色

最期の時まで自宅での療養をサポートします

積極的な治療をすることで症状の改善が見込める場合には連携病院への入院も相談可能です

訪問診療+臨時往診
月2回の定期的な訪問に加え、体調不良時には時間外でも臨時で往診に伺います。


必要時には説明・同意の上で各種検査を行います。

糖尿病などの生活習慣病の薬を飲まれている方は定期的な血液検査が必要です。
呼吸不全、在宅酸素療法、人工呼吸器装着の方に有用 血液ガス分析検査
呼吸器系の持病がある方に呼吸機能検査
食事のムセや誤嚥が心配な方に 嚥下内視鏡検査で嚥下機能評価を行います


つらい症状を緩和するために

胸水が溜まって呼吸が苦しい場合 胸腔穿刺を行い、胸の水を抜きます
腹水が溜まって胃腸が圧迫されたりおなかの痛みがつらいとき 腹腔穿刺で腹水を抜きます

癌末期で身の置き所のない体の辛さがあるとき シリンジポンプを使用し24時間切れ目ない鎮静剤投与

在宅での輸血にも対応しています。
慢性血液疾患で輸血が欠かせないけれども通院に難がある方など
交差適合試験を行ったうえで、病院での輸血と同等の手順を踏み輸血を行います


連携医療機関

国立病院機構埼玉病院 高島平中央総合病院 帝京大学医学部附属病院 東京都健康長寿医療センター 豊島病院 日本大学医学部附属板橋病院 


大変な病気を抱えられた患者さん方が
曇り空の中に晴れ間が見えるようなひと時を過ごされる瞬間をこれまでも見てきました

そういった時間を少しでも増やせるように努めていきます

Concept

ご自宅での療養生活をサポートしております

24時間365日体制で相談・診療しております

内科医と皮膚科医が在籍する在宅療養支援診療所です。訪問診療では、一人では通院が困難な患者様のもとに医師や看護師が月2回、診察にお伺いし計画的に治療・看護・健康管理を行います。→費用面についてはこちら
身体診察・血圧測定・血液検査・心電図検査などをはじめ、皮膚科専門医も在籍しておりますので皮膚疾患や床ずれなどの症状の治療にも対応しております。
→対応している検査・医療処置へ

突然の体調の変化にもすぐに対応できるよう、24時間365日体制で電話相談を受け付けており、臨時往診や入院先の手配も行っておりますので安心してご利用いただけます。患者様の意向に寄り添いながら、ケアしてまいります。
※24時間365日対応はかかりつけの患者様が対象となります

→お申込み、ご相談方法はこちら

こんな方が対象です
  • 足腰が弱って通院が困難になった方

  • 慢性心不全や慢性呼吸器疾患のため通院が困難な方

  • 認知機能低下などで一人での外出に不安がある方

  • 癌の緩和ケアをご自宅で受けられることを希望している方

Staff

クリニックの院長についてご紹介しております

患者様に負担のかからない治療を行っております

院長 石田浩一

この度、板橋徳丸に内科医と皮膚科医の在籍する在宅療養支援診療所を開業することとなりました。 院長の石田浩一と申します。

福岡県生まれの38歳、北海道の医学部を卒業、縁あって徳丸の地で開業させていただきました。

もともと呼吸器内科医をしておりましたが、肺がん末期や慢性呼吸器疾患の患者さんと接する中で訪問診療の分野に惹かれるようになり訪問診療医に転身、数か所の病院で訪問診療医としての経験を積んできました。

訪問診療の分野に転身した中で、病院の中に居ては見えなかった様々なことが見えてきました。

各診療科の先生がそれぞれ良かれと思って出したたくさんの薬を飲んだり、管理したりするのに苦労する方 病気は治って退院したものの、体力が落ちているためご自宅での生活に支障が出てしまっている方 介護に苦労される介護者の方々 そういった方々の力になれるように努めてまいりたいと思っています。

「医学的な正しさ」を追求することが必ずしもその方の生活の質を良くするとは限りません。

その人その人の生活に支障を来さない範囲で、なおかつできるだけ長く安楽に過ごせるように工夫した治療を行っていく。

それが訪問診療の面白さだと思います。

Q&A

治療に関する疑問・不明点にお答えしております

  • コロナPCR検査について

    当院ではかかりつけの患者様及びそのご家族・介護者に対してコロナPCR検査を実施しています。(有症状の場合、公費負担となります)

  • 輸血には対応していますか?

    慢性血液疾患で輸血依存性貧血の方の輸血、癌末期で貧血症状が強い方への症状緩和目的での輸血を行っています。

  • 入院中の家族を退院後在宅でケアしようと思っていますが、うまくやっていけるか心配です…

    ヘルパーさんや訪問看護師さんの力を借りて、仕事と両立しながら在宅で家族をケアされている方もたくさんいらっしゃいます。
    環境整備の面などを含めケアプラン作りはケアマネージャーさんへの相談が重要になってきます。

    当院ももちろん医療面でしっかりサポートしていきます。


    ただし、将来的に環境や本人の病状が変化してきて在宅で生活するのが困難になった場合には、無理して在宅療養を続ける必要はありません。

    アドバンスケアプランニング(ACP・人生会議)は「環境や体調の変化により、繰り返して話し合いを行うプロセス」なのです。

    ACP(東京都医師会 リンク)

  • 公費負担制度への対応はどうですか

    当院は生活保護法指定医療機関です。また難病指定医・難病指定医療機関でもあります。患者様の自己負担を軽減するための提案も行っています。

About us より良い療養生活を送れるよう工夫した治療法でケア

内科・皮膚科専門医が抱えている病気の治療・管理をしております

一人では通院が困難な方をケアするための在宅医療で、患者様が安心してより良い療養生活を送れるよう計画的に治療・看護・健康管理を行っております。内科医による診療では、在宅医療でも行える検査で体調管理をいたします。主な検査方法としては、血液検査で実際に症状が出る前に体の異常を察知する他、発熱時など体調が悪化した時には体の状態や治療効果を評価していきます。超音波検査では、肝臓・腎臓などの内臓の見た目や胸水・腹水の有無などを確認いたします。COPD・気管支喘息の診断を行う呼吸機能検査、平常時の不整脈の有無を確認する心電図検査、血液ガス分析検査など様々な方法で体の確認を行います。

また皮膚科専門医も在籍しておりますので、床ずれやおむつ皮膚炎といった症状をはじめ、蜂窩織炎・脂漏性皮膚炎・糖尿病性足潰瘍・疥癬・水疱性類天疱瘡など高齢者の方に多い皮膚疾患の治療にも対応しております。現在抱えている病気以外にも気になる点などがございましたら、お気軽にご相談ください。経験豊富な医師が、しっかりと治療・管理してまいります。

患者様とコミュニケーションを重ねながら治療いたします

患者様の意向に寄り添った診療を行うために、環境や体調の変化により繰り返し話し合いを行うアドバンス・ケア・プランニング(人生会議)を行っております。患者様が今後どのように生活をして、どのような医療や介護を受けて最期を迎えたいかを、ご家族はもちろん医療・ケアを行うスタッフにあらかじめ表しておくことで計画的に治療を行ってまいります。また医学的に有益でも患者様が「望まない治療」は行わないのはもちろん、たとえ患者様が希望されても「無益な治療」を行わないようにしております。

また各診療科で良かれと思って処方された沢山の薬で、ご本人だけでなくご家族が負担になってしまう場合もございます。内服薬の種類が増えると副作用も出やすくなる他、飲み忘れ・飲み間違いといったリスクも起こります。診察では本当に大事な薬を飲んでもらうためにも、患者様と相談をしながら最小限の薬・処方の適正化を目指してまいります。一人ひとりの生活に支障を来さないよう、また長く安楽に過ごせるよう工夫した治療方法でサポートいたしますので安心してご利用いただけます。