Hight_IMG_0987_3-768x950

院長 石田浩一

この度、板橋徳丸に内科医と皮膚科医の在籍する在宅療養支援診療所を開業することとなりました。 院長の石田浩一と申します。

福岡県生まれの38歳、北海道の医学部を卒業、縁あって徳丸の地で開業させていただきました。

もともと呼吸器内科医をしておりましたが、肺がん末期や慢性呼吸器疾患の患者さんと接する中で訪問診療の分野に惹かれるようになり訪問診療医に転身、数か所の病院で訪問診療医としての経験を積んできました。

訪問診療の分野に転身した中で、病院の中に居ては見えなかった様々なことが見えてきました。

各診療科の先生がそれぞれ良かれと思って出したたくさんの薬を飲んだり、管理したりするのに苦労する方 病気は治って退院したものの、体力が落ちているためご自宅での生活に支障が出てしまっている方 介護に苦労される介護者の方々 そういった方々の力になれるように努めてまいりたいと思っています。

「医学的な正しさ」を追求することが必ずしもその方の生活の質を良くするとは限りません。

その人その人の生活に支障を来さない範囲で、なおかつできるだけ長く安楽に過ごせるように工夫した治療を行っていく。

それが訪問診療の面白さだと思います。